口・唇の下のニキビの原因と治し方

口(唇)の下のニキビの原因と治し方

口(唇)の下ニキビの原因

 

原因1:皮脂

主な「口(唇)の下のニキビ」の原因として、
皮脂の過剰分泌を挙げることができます。

 

これは顔にできるニキビ・吹き出物ならではの特徴となっていますが、
場合によってはフェイスラインや、首周りにまで広がってしまうことがあります。

 

原因2:ストレスやホルモンバランスの乱れ

また唇(口)の下ニキビができる原因として、
ストレスやホルモンバランスの乱れも大きな要因だと言われています。

 

一見すると、「ストレスが何の関係性があるのか」と思われがちですが、
ストレスが発散されず蓄積されていくと、やがて体調の悪化を招くことがあります。

 

この際に、ホルモンバランスに影響を及ぼし、皮脂の過剰分泌を招くことから、
唇(口)の下ニキビの引き金となってしまうのです。

 

もちろんこの場合、唇(口)の下以外にもニキビができてしまうことになります。
首周り・デコルテにまで広がってしまうケースが多々あります。

 

原因3:雑菌や外部からの刺激

口(唇)の下にニキビができてしまう原因の3つ目は、
不潔な環境だったり、外部からの刺激によるものです。

 

例えば髪の長い人の場合、髪に付着している雑菌が口(唇)の下に付着すると、
ニキビの原因になります。

 

口(唇)の下ニキビの治し方

 

口(唇)の下のニキビが繰り返しできてしまう場合、
肌の奥深く、真皮層にまでダメージが蓄積されてしまっています。

 

そのため、口(唇)の下のニキビの治し方としては、
溜まってしまったダメージを軽減し、肌を徐々に回復していく必要があります。

 

つまり治し方としては、保湿ケアの徹底が最重要です。

 

ダメージが溜まっている真皮層まで保湿成分を届け、
ターンオーバー(新陳代謝)を促すことが大事です。

 

それには、浸透力・保湿機能に優れた専用のケアコスメを利用しましょう。

 

口(唇)の下のニキビにオススメのコスメ!実力ランキング

 

メルライン【MELLINE】

顎(唇・口の下)ニキビ専用の実力ナンバー1アイテム!

 

顎(唇・口の下)ニキビ専用の実力・人気ともにナンバー1コスメ!

 

体験者からの満足度は、なんと91.3%!
日本で最も人気のある、売上ナンバー1の顎(唇・口の下)用のコスメです。

 

 

しかも、180日間の返金保証制度付き!

 

 

>>メルライン【MELLINE】の詳細はコチラ<<

 

実力・人気No.1!顎(唇・口の下)ニキビ専用!

 

ルナメアAC

圧倒的ハイレベルのコスパ!富士フイルムの限定キット!

 

あの富士フイルムの自信作がついに登場。
たっぷりのモチモチ泡で毛穴汚れをゴッソリ!保湿力・浸透力も別格です。

 

この効果・スペックの割に、お値段はまさに格安!

 

 

>>ルナメアACの詳細はコチラ<<

 

最強コスパ!富士フイルムの自信作!!

 

ビーグレン【b.glen】

鉄板ロングセラーアイテム!

 

満足度98.7%の超ロングセラー!
もはや定番ともいえるビーグレン【b.glen】の、7日間トライアル4点セットです。

 

365日間・全額返金保証付き!

 

 

>>ビーグレン【b.glen】の詳細はコチラ<<

 

ロングセラーならではの信頼度!

 

Nov

シミ・色素沈着の跡を残したくない!美白成分でキレイに治す

 

唇(口)の下のニキビ跡で悩んでいませんか?

 

Novは臨床皮膚医学に基づいて作られており、美白成分配合!
だから、シミや色素沈着の跡を治すのに大活躍!

 

@cosmeの口コミランキング第1位を受賞!

 

 

>>【Nov】の詳細はコチラ<<

 

シミ・色素沈着を治したいアナタに!

 

 

 

オススメの洗顔方法

 

口(唇)の下ニキビで悩んでいる方は、
ケアの方法としてまずは洗顔を徹底することから始めてみましょう。

 

「口(唇)の下ニキビをなるべく早く治したい!」という方に、
とってもオススメの洗顔方法を紹介します。

 

まず洗顔には、洗顔料を使うことが絶対必要です。

 

ポイントとしては、洗浄力が強すぎないこと、
そしてできれば刺激成分が少ないものを選ぶことです。

 

洗顔料の中には界面活性剤と呼ばれる成分が含まれていますが、
これが強すぎると必要な皮脂まですべて洗い流してしまいます。

 

その結果、余計に皮脂を分泌させることになります。

 

科学的な成分があまりに多い場合にもお肌に刺激を与えてしまい、
口(唇)の下ニキビが悪化してしまいます。

 

そのため口(唇)の下ニキビを治すためには、
オイル系よりは、クリームやミルクタイプなど刺激の少ないものの方がおすすめです。

 

泡洗顔をする場合にも、きめ細かいたっぷりの泡を使い、
指先や手の平がお肌に触れないようにします。

 

実は泡をお肌に乗せるだけでも、洗顔効果はあります。
あえてこするようなことは避けましょう。

 

洗顔料を使ったら、しっかりとすすぎ洗いをすることが必要です。

 

かといって、手の平でごしごしと行うのではなく、
優しく流水で洗い流すようにしましょう。

 

顔に直接シャワーを当ててしまうと、口(唇)の下ニキビを刺激してしまいます。

 

そこで流水を手にとって、
手の平が当たらないようにパシャパシャとすすぐのがポイントになります。